仙台BIRDLAND 「いつまでそこで、何やってんだよぉ」

sendai BIRDLAND staff's blog

今年の3月11日で東日本大震災から6年が経ちました。去年の募集時にも書きましたが、当時全国の方々から色々な形の支援をして頂きバードランドのバンド関係の人の繋がりで困った沿岸の知り合いの方々に必要な物資などお届けして大変感謝されました。今でも様々な支援されたご恩を忘れずまだ何等かの震災の影響で生活が困難な、そして何等かの事情で行政から直接支援を受けられない母子家庭を支援している「災害子ども支援センター」宛の子供達への新入学、新学期の必要な物資募集を毎年同じ時期に必ずこういう形募集して支援させて頂いてました。

今回も募集の呼びかけで仙台のお知り合いの方々、毎年ご協力して頂いてる方々、募集目に付いて何かしら出来たらという全国の方々、そして自分の尊敬する全国のバンドの方々からバードランド、そして直接センターの方に自分なりにと出来る形で多くの支援を頂けました。バードランドに集まった物とバードランドバーカウンターに設置していました募金箱の¥9104も一緒に今日4/7のお昼にお届けに上がりましたが、「毎回全国の皆様のご支援本当にありがとうございます。助かっています。」とセンター担当者様から皆様にお礼されました事をご報告させて頂きます。

現状も色々お聞きしました。聞いた感じの率直な感想は去年とあまり変わっていない状況でした…。今センターの方では人員不足で災害子ども支援センターを直接開けてる日は火曜日だけで、取りに来る事が可能な方は火曜日に来て頂きセンターに集まった支援物資を選んで持って行かれるそうです。同時に来られた方々の現状なども一家庭一家庭お聞きしているそうです。今、週の三日は気仙沼市、南三陸町、女川町、石巻市、東松島市、名取市とセンターに登録してある家庭と同時に仮設住宅地に足を運び、色々な事情で子育て出来ない親がいる家庭がないか、そして不自由している子供達がいないか状況を見て回る事もしているそうです。なので、週一の開館日は支援を必要としている親御さんが殺到するそうです。震災から6年も経つと物理的な面だけでの問題だけではなく、時が経つに連れて様々な心の問題があるようです。前も書きましたが、大津波であまりにも失った物が多過ぎて精神的に病んでしまい何もする気力もなくなりネグレクトになってしまっている親御さんもいるのも現状のようです。もし子育てが出来ない家庭がいるならそこの地域の児童相談所などと連携して子供達に手助けを、ネグレクトな親に相談出来ない事を聞いたり、買ってもらえない必要な学用品をセンターに集まった物資をその沿岸を回る時同時に持って行きお渡ししたり、そのような子を集め一人でも食事が取れるようにお料理教室も開いているそうです。

家を失った被災者の方は仮設住宅から復興住宅に移り住む事になりますが、沿岸部では復興住宅を建てる土地がなく高台の山を切り崩して復興住宅を建てているので完成していくのにも時間が掛かり、そして抽選してからの順番に復興住宅に移り住む事になるので、今まで仮設住宅で出来たコミュニティーも無視で引っ越してもそこに馴染めなく孤立してしまう方々も少なからず居るようです。ある所の復興住宅地では30世帯あるうち、高齢者が28世帯という地域もあるそうです。復興住宅地に移り住みたい被災者の方々が多すぎてそこの地域のコミュニティーが上手くいくような配慮もなく出来たら順にドンドン復興住宅に移り住ませるのも現状のようです。その点東松島市では移り住む前にアンケートを取り様々なデーターを取り復興住宅地域に良いコミュニティーが出来るよう工夫をしている自治体もあるようです。

そして女川町では今、高校がなく高校に進学するには隣町の石巻や気仙沼の高校に入学しなきゃなく、家もないのでそんな事ならとお子さんが高校に進学すると同時に入学する高校のある町へ移り住んでしまう家族もいるようで若い世代の流出も懸念されて後数十年したら人が居なくなるんではないかと言う問題もあるようです。

今日センターの担当者様から聞いたお話を思い出しつつ書いていますが沿岸被災地はこのような現状のようです。自分幼少時代父親の事情でみんなが持っている物も買ってもらえず、中学生の頃から自分の事は自分でと新聞配達をしておこずかい稼いでいました。親を恨んだりとかはなかったんですが本当何というか周りの目ばかり気にして凄く惨めな思いをした記憶があります。子供にはなんの罪もないし、将来担って行く事になると思うし、物理的な事が原因で擦れて欲しくないし、本当微力ですが東日本大震災を経験した身として、そして子を持つ親としてこれからも引き続き何か出来たらと思っています。

今回も自分の思いやこんな事情があるなんて初めて知ったという方々から賛同して頂きセンターから支援受けている子供達への新学期の必要な品々を皆様のご協力で今年も贈れて事本当感謝致します。ありがとうございました。

5/5子供の日に仙台泉中央駅のペデストリアンデッキにて開催する募金イベントで皆様から頂いたおもちゃを解放して子供達の遊び場も設け募金を募るようなので、様子見に伺いたいと思います。楽しく遊んでる姿を写真に収めてよろしいようなのでこれはまたご報告させて頂きます。

どうしても足らなくて困っている時は自分に直接連絡頂き出来る範囲でオムツなど届けていますが、センターでは支援物資と募金を随時募集しておりますので前回のブログにセンターの連絡先等上げておりましたので、また何かしら協力したい方はご連絡して頂ければと思います。

そしてもう一つ、センターに来られる方々は何等かの原因で行政から支援を受けられない方が多く「自分なんか」とか「どうせ世間に見放されてるんだ」と思っている方々が多いので贈った物を子供達が使っている写真は撮らせてもらえないというかお願い出来る感じではないので自分的な配慮でお写真見せれない事はご了承下さい。その中でも支援して頂いてる方々へと感謝の手紙を頂いたようで、そのお手紙コピーした物ですが、ご協力した方々へ見せたいのでと本人様から許可頂いたのでお写真撮らせていただきました。皆様への感謝の気持ちが綴られてありますので見て頂けたらと思います。

そして週明けには熊本地震宛のバーラン募金箱と、使って下さいとお預かりしていた募金も幾らかありましたので纏めてセーブザヒロシマで熊本被災地で活動されている方々に支援金も送金します。これもまた改めてご報告させて頂きます。

今回ご協力に賛同して頂いた方々本当に感謝致します。これにてご報告とさせて頂きます。中卒の教養も文才もない駄目文を長々と最後まで読んで頂きありがとうございました。

BIRDLAND 遠藤龍司

2017040201.jpg
2017040702jpg.jpg
2017040703.jpg
2017040704.jpg
2017040705.jpg
2017040206.jpg
2017040707.jpg
2017040708.jpg


スポンサーサイト
前にもご紹介した通りほぼ僕個人でやっている状態ですがバードランドは微力ながら自分の家の近所にある災害子ども支援センターへの支援を引き続き行っています。明日で東日本大震災から6年が経とうとしていますがまだまだ状況が変わらない方々がいます。新入学、新学期と来月から始まる訳ですが足らない物などあるならと言う事で去年同様新学期に向け足らない物資をセンター問合せ、細かにリストアップしてもらいました。新学期始まる前までにバードランドバーカウンターに設置してある募金箱の募金と自分も少しプラスαで色々必要な物を買い揃え届けたいと思います。

普段何も出来ていない自分、震災当時自分は最小限の被害で済ましたが自分の周りでも大変は被害にあった方々は多数いらっしゃいました。その当時バードランドに全国から色々支援頂き皆様に助けて頂きました。当時バードランドに出演して頂いているバンドマンのネットワークで主に沿岸部の知り合いで困ってる方がいたらそこに必要な物をお届けしていました。支援をしてると募集募ればイベントを開催して募金をしてくれる地方のバンドの方々がいたり、わざわざ足りない物資を遠くから届けに来てくれたバンドの方々がいました。自分そのご恩を忘れず恩返しも含め毎年これだけは必ずさせて頂いています。

それで皆様にご協力をお願いしたいのですが下記の災害子ども支援センターから支援を受けている子供達の新学期で必要な物を今月一杯まで募集したいと思います。これ去年も書きましたが自分も子供の頃最低限も揃えられない極貧で「なんで自分だけ…」と凄く惨めな思いをしたの覚えてます。子供達にはそんな同じ思いして欲しくないと思っています。お気持ちのある方いましたらご協力頂きたいと思います。遠くの方は用意出来る物資バードランドに送って頂いてもらって構いません。募金箱もそのまま設置しておきますので皆様のご協力ヨロシクお願します。それと自分の募集は振り込み等の現金は受付ませんので予めご承知下さい。ですがセンターでも直接募金を募っておりましたので時間もないしでも…という方いましたら一番下に振り込み先記載しましたので見て頂ければと思います。

必要物資

・お弁当箱
・リュックサック
・コップ(うがい用)水筒
・ハンカチ
・絵本バック以外の袋(お弁当を入れるもの、コップを入れるもの)
・シャーペン
・消しゴム
・マスキングテープ
・付箋
・多色ホルダーボールペン(ゲルインキボールペン)
・ふでいれ

これはいつでも足らないと言う事で
・紙オムツパンツ Mサイズ(パンパース、グーン以外で)

上記とは別にお願い出来ればとの募集物資です↓
「センターが毎年主催している5月5日に「泉こどもの日フェスティバル」を行っており、ここで子ども達の遊び場をつくって東日本大震災の募金を行っております。もし可能であればそこで使用する、ミニカープラレール電車等のおもちゃを頂けると助かります。わがままをいってすみません。」
と担当様からご連絡頂きましたので合わせてこちらもご協力頂ければと思います。



災害子ども支援センターとは前に詳しく記事にしましたが( http://birdlandstudio.blog72.fc2.com/blog-entry-810.html ご確認下さい)震災の影響で困難を抱えた子育て世帯を対象に物資の支援をされているそうです。例えば、ほんの一例ですが、身内が少なく震災前に離婚を考えていて、子どもと住所を移してまだ荷物を前の家から運ぶ前に津波でそこを全部流されてしまい、被災した家から住所を移してしまったので行政の支援が全然受けられないという方など、ここに50世帯程、大体は母子家庭の方々登録しているようです。支援先はこのような所なのでお気持ちご協力頂ければと思います。

下記に直接届けてもらっても構いませんのでヨロシクお願い致します。

災害子ども支援センター 

〒983-0836 宮城県仙台市宮城野区幸町4丁目7-2 
TEL 022-292-5290
ホームページ http://saigai-kodomo.org/info/


SENDAI BIRDLAND
〒980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-1-3 RAYMY BLDG.1F
Tel:022-223-7926

そして募金振り込み先です↓

名称はいずれも
「災害子ども支援ネットワークみやぎ」
1.郵便振替口座 02240-3-125954   
2.ゆうちょ銀行 店名229 店番229 当座 0125954
 
使途は以下のようになっております。ご指定がある場合はその旨お知らせください。

 1.子どもの心のケア
2.子どもの居場所づくり
3.被災幼稚園・保育園の再建
4.物資提供(生活困窮者のための物資支援)
5.学習支援(学校の備品・学用品・部活動の道具、楽器など・学習ボランティア派遣)
6.学資支援(進学などについての費用の相談など)
7.里親支援(里親登録の推進・里親制度の周知・里親研修支援)
8.住居斡旋
9.イベント提供
10.親の就労支援(他団体と協力しての仕事づくり・子どもに係わる仕事づくり)
11.情報提供

皆様のご協力何卒宜しくお願い致します。

遠藤龍司
まずは5/20に参加された皆様、そしてご協力頂いた皆様大変ありがとうございました。色々ご報告させて頂きます。送金先ですが行政の機関を使わず、音楽、人繋がりで支援出来ればと思い送金先を決めさせて頂きました。

1つは5/20のベネフィットライブにも出て頂きましたE805843、そしてBAR"I LOVE ROCK'N'ROLL"のオーナーでもある広明さんの同級生の横田さんが熊本に住んでいまして飲食業を営んでいて地震初日から無償で炊き出しをしていました。広明さん自身も自分の店で募金を募り何度か送金していたようでしたのでご協力させて頂きました。もう一つは札幌のSLANGのKOさんにご紹介して頂いたJapan hopeそしてseve the kumamoto 服部さん、NBC作戦宮崎 中山さんらが、道が分断されたりなどで出荷出来なく行先に困った、米、野菜などを農家さんから直接買い取り、避難所での炊き出しに使う、一石二鳥の支援活動をされておりその支援もご協力させて頂きたく送金させて頂きました。

各状況を聞くとまだ罹災証明も行政から発行してもらえず、崩れた家屋の解体も進まず状況的にやっと仮設住宅の建設が始まったと、他は地震発生時からあまり状況は変わっていないようです。そして横田さんは地元では商売出来る状況じゃ無い為、かと言って自分も生活して行かなくちゃいけないし無償炊き出しも資金的にも限界があったので今は県外に出稼ぎに出ているとそんな状況だとお二方からお話をお聞きしました。

遠い所なので中々直ぐ行って状況を見に行けたりは出来ないですが、必要とあらばまた色々出来る範囲になってしまいますがご協力出来たらと思っています。そしてホームラン食堂、バードランド、リトルクイニィーでは引き続き募金箱を設置しお金貯まりましたらまた送金したと思います。またイベントT-shirtもあとS,XSサイズだけ数枚残っています。製作費はリクープ出来たのでその売上全て支援金になりますので、欲しい方いましたら募金箱も合わせ引き続きヨロシクお願い致します。

募金等明細

・5/20 LISTEN TO SDC vol'00 熊本大分地震ベネフィットライブチケット代 @2000x83人 
\166'000

・5/20 イベントT-SHIRT 経費差引売上   
\39'557

・5/20 ホームラン食堂復興テキーラ、特性七味、モツ煮込み売上
\14'000

・5/20 ESSENCE T-shirt売上
\11'000

・5/20 BLACKEYEZ T-shirt売上
\17'500

・THINKALOG、BROKEN RUST支援金
\30'000

・5/15 ホームラン食堂復興テキーラ
\26'939

・4/27 ホームラン食堂復興テキーラ&槻木ディストロカレー売上
\20'205

・4/23 ALEXI企画での募金箱
\4'631

・6/1までのバードランド募金箱
\28'576

合計金額
\358'408


送金先
・E805843広明さんの同級生の横田さん 
\150'756
・Japan hope seve the kumamoto 服部さん NBC作戦宮崎 中山さん 
\207'652

皆様からお預かりした合計金額 \358'408を全て送金させて頂きました事をご報告致します。 何か出来ないかと温かいご協力に大変感謝致しております。皆様ありがとうございました。早期復興を願っております。

仙台バードランド 代表 遠藤龍司

spikeshoe

e805843

nakedyeggs

exorgrindst

essnce

mmos

thinkalong


IMG_8100.jpg

IMG_9471.jpg


この度の熊本大分地震にてお亡くなりなられた方々に御冥福をお祈りし被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。

テレビやインターネットに次々と映る熊本の光景に五年前の我々が体験した東日本大震災を正直思い出しました。他人事ではないと。本震後、何か出来ないか?と考えていた所、次々と「バーランで何かやらないんですか?」とか「何かやるなら協力します。」と仙台のバンドの方々からご連絡を頂きました。色々考えた結果、まず募金箱を設置する事とバードランド空き日にベネフィットライブを企画してチケット代全て義援金にする事にしました。余震も続き建物が大分崩壊しているようで未だ避難所で夜を過ごしている方も多数いるようで一部地域では長期的な支援が必要になると思い、何にでも変えられるお金の支援を行う事にしました。仙台のバンドのお知り合いが熊本に住んでいて、地震初日から仕事柄無償で炊き出しをしてる方もいました。自分達がやっている音楽で何かお役に立てて頂ければと知り合い伝手に集まったお金を直接お渡ししようと考えたいました。イベント後、集まったお金の金額とお渡しした先をしっかりご報告致します。五年前に我々が全国の方々にお世話になった御恩をお返し出来ればと思っています。 詳細が先日決まりましたのでお知らせします。でわ詳細です↓

熊本、大分地震ベネフィットギグ
LISTEN TO SDC vol'00

2016 5/20(fri) at:SENDAI BIRDLAND
Op19:30 / St 20:00
ticket:2000yen
※当日券のみ、ドリンクチャージなし

BAND
NAKED YEGGS
EXORGRINDST
MAKE MENTION OF SIGHT
ESSENCE
THINKALONG
spike shoes
E805843

・チケット代の売り上げ全て義援金になります。
・当日ホームラン食堂特性七味唐辛子と豚の軟骨煮込みを販売して売り上げ全て義援金になります。
・当日限定イベントT-shirtを販売を計画中。製作費差し引いた売り上げ全て義援金になります。
・義援金になるチャリティーフリマの販売出店も受け付けています。

・初めのドリンクチャージは無しですがバーカウンターは通常通り開けております。ドリンクの持ち込みをされる事のないようお願いします

20160520 keep_0430_out m

info:BIRDLAND 022-223-7926
http://sendai-birdland.com

そして先日ALEXI企画で集まった募金箱のお金と先日のDESPERDICIO企画で販売していたNAKED YEGGSの支援テキーラと槻木支援豆カレーで集まったお金も預かっていましたので、それも一緒に合わせてお渡しします。

…フライヤーのkeep calm and carry on(キープ・カーム・アンド・キャリー・オン、平静を保ち、普段の生活を続けよ) とは第二次世界大戦前にイギリス政府がドイツ軍の空爆、侵攻を恐れていた国民と兵士に向けて開戦した場合のパニックや戦局が悪化した場合の混乱に備えて作成した、国民の士気を維持するための宣伝ポスターデザイン。今となっては様々な企業やアパレル関係のデザインでもオマージュされているのを良く見ますが、地震に負けず普段の生活に早く戻れるように仙台からの願いと言う意味でオマージュ(ほぼパクリ 笑)しました。坂井くんフライヤー仕上げ、そして企画の相談にも乗ってくれてありがとう!

皆様のご来場お待ちしています。そしてお忙しい中都合を付けて頂いた出演バンドの皆様方心より感謝致します

遠藤龍司

先月三月いっぱい募集を募っていました必要物資、皆様の心あるご協力で沢山の文房具、オムツが集まり、新学期に間に合うように今日センターの方にお届けして来ました。そして物資が予想以上に沢山集まりましたので、バードランドに置いてある募金箱のお金全てに自分もプラスして合計¥32798を別な必要な物に充て貰おうと物資と共に全てお渡ししてきました。センターの担当の方も今回の呼び掛けで沢山集まったようで感激しておりました。

SNS等インターネットの呼び掛けで、遠くの方がわざわざバードランドに物資送って頂いたり、センターの担当の方にもお聞きし物流書も全て見させて頂きましたが直接物資を送って頂いた方も沢山いました。本当に有難い限りです。

20160401.jpg

今現状お聞きしたお話しですと、宮城県内、町や地区により異なりますが震災で住まいを失った方に提供する復興住宅の建設完成率は大体50%位仮設住宅に住まわれている高校生位までのお子さんも大体3000人いるようです。震災から5年達ましたが仮設、復興住宅では続々と新しい命も誕生しているようです。

震災で愛する家族や財産を失った方の心の傷は我々では測り知れない物があるようで、それが障害になってしまったり、心の病に今だ立ち直れない親御さんもいらっしゃるようで育児放棄してしまったり、そしてその病から仕事も出来ずに地区によって復興住宅も完成して住める状態なのですが結局復興住宅も家賃が発生しますので、あえて仮設に残り続けてしまう貧困層の方々もいらっしゃるようです。

センターはそのような子供達に寄り沿い自分で食事の準備が出来るよう教えたり、そのような状態の親に悩みを打ち明けられないので話を聞いてあげたり、必要物資を提供したり、事情があり働けずにいる被災した母子家庭の方々にも物資を提供したり、心の病から心を閉ざしてしまった親御さんの話を聞いてあげたり、被災地の仮設を周って色々お話し聞きに行ったりとそんな活動をしています。震災から5年経ち物資的な面もまだまだ必要ですが、被災者の心の傷はまだまだ癒えず心の問題など時間が経つにつれてまた別な問題もあると今日お話お聞きしました。

自分は5年前の被災した時に遠くの方々に色々と支援して頂いた事は忘れず、大した事ない影響力も金もない無力な男ですが自分なりに、こういう形で恩返しし続けようと思ってます。まだそんな事してんの?いい人ぶってとか自分は何言われようが全然構いません。してあげられる事は限りられてしまいますがせめて子供達の新学期用品位は新しい物でと毎年物資募らせて頂いてました。来年もまたやりますし、センターの方にはどうしても足らない物があればいつでも連絡もらえるようにしています。自分もたまにですが連絡もらい買える分のオムツを置きに行ったりしています。バードランドの募金箱も引き続き設置し貯まりましたら自分もプラスしてまた色々必要な物届けようと思っています。尚、センターでは随時、物資の受け入れをしていますのでご協力頂ける方いましたらヨロシクお願いします。

今回この呼び掛けに御賛同頂いた皆様には心から感謝します。このような形ですが感謝と共にご報告致します。ご協力本当ありがとうございました。

災害子ども支援センター 

〒983-0836 宮城県仙台市宮城野区幸町4丁目7-2 

TEL 022-292-5290
ホームページ http://saigai-kodomo.org/info/

※最近は仮設住宅の訪問の為、火曜と金曜しかセンターを開けてないようです。物資を送られる方は大丈夫ですが直接届けられる方はご注意して頂けると。

BIRDLAND 遠藤龍司